logo.png

109--2014.jpg

お気軽にお問い合わせください。
TEL:048-774-7117
FAX:048-774-7117

歯周病

 

歯周病の原因 プラークって?

 お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでいます。
これらは普段あまり悪いことをしませんが、歯に食べかすが残っていると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面につきます。これを歯垢(しこう)、プラークと言い、うがいをした程度では落ちません。
このプラーク1mgの中には、なんと10億個の細菌が住みついていると言われています。実際にプラークを顕微鏡でみてみるとたくさんの細菌が見られます。これらの細菌の塊、つまりプラークが歯周病やむし歯をひき起こす原因なのです。

 

 歯周病は、プラークの中にいる歯周病菌によって引き起こされます。歯をしっかりと磨かないでいると、このプラークは、歯周ポケット(歯と歯茎の溝)、に停滞します。すると細菌が出す毒素により、歯茎が赤く腫れて炎症が起こってきます。この状態が歯肉炎です。

 さらに進行すると、軽度から中等度の歯周病になり、歯周ポケットも深くなり、歯を支える骨(歯槽骨)が細菌の出す毒素により、少しずつ溶けていきます。しかし軽度から中等度の歯周病は、ほとんど自覚症状がありません。そのため多くの人が、歯周病の進行に気が付かないのです。

 そしてさらに進行し、歯周病が重度になったとき、はじめて症状が現れます。歯が揺れ始めてきて痛い、歯茎が腫れて痛いなどの自覚症状がようやく出てきます。しかし重度の歯周病になった歯は、抜歯をするしかありません。またこうなってくると、お口の中の歯全体が重度の歯周病になり、1本だけじゃなくあちこちの歯が揺れ始めほかの歯もダメになってくる可能性が高いです。重度の歯周病になったときにはじめて歯周病の治療をしても、この段階では手遅れなのです。

なぜなら一度歯周病により失った歯の周りの骨(歯槽骨)は、元に戻ることはないからです。軽度から中等度の歯周炎で、骨の再生治療を行わない限り骨が戻ることはないのです。

そのため歯周病は自覚症状がない早い段階で、歯周病予防や治療をしていくことが、とても大切になります。

関連画像

 

歯周病の間接的原因=リスクファクター(危険因子)

 

歯肉炎・歯周炎を含む歯周病は、「口腔内の環境」や「生活習慣」にも間接的な原因となるリスクファクター(危険因子)が潜んでいます。歯肉炎のケアには、適切なブラッシングで歯垢(プラーク)を取り除くことと、リスクファクターを少なくしていくことが必要です。

 

歯周病の間接的原因=リスクファクター(危険因子)

 

歯周病の間接的原因=リスクファクター(危険因子)

(1)局所的なリスクファクター(口腔内の環境など)

プラークを増殖させたり、歯肉の炎症を悪化させたりする要因がリスクファクターとして考えられます。

【歯石】
プラークを放置すると、唾液中のカルシウムなどが沈着し歯石になります。この歯石にはプラークがつきやすいため、歯周病をさらに悪化させる要因になります。
 
【歯並び】
歯並びが悪いところはブラッシングが不十分になりやすく、そのためプラークがたまり炎症が起こりやすくなります。
 
【不適合な冠など】
歯に合っていない冠(クラウン)などの周りにはプラークがたまりやすくなります。
 
【不良習癖】
「口呼吸」や「歯ぎしり」など、日常的に癖になっている悪い習慣のことで、歯周病を悪化させたりします。
「口呼吸」や「歯ぎしり」など、日常的に癖になっている悪い習慣のことで、歯周病を悪化させたりします。
・ 口呼吸 : 口で呼吸する癖がある場合、口の中が乾燥しプラークがつきやすくなります。
・ 口呼吸 : <また、歯肉の抵抗力が弱まり炎症がおきやすくなります。
・ 歯ぎしり : 歯ぎしりのような横から加わる力にはきわめて弱く、歯周組織に負担がかかり
・ 歯ぎしり : 歯周病を悪化させる原因になります。
(2)全身的リスクファクター(生活習慣など)

近年、生活習慣が歯周病を引き起こしたり、悪化させたりするリスクファクターになっていることがわかってきました。歯周病を予防・改善していくためには、口腔内環境はもちろん、生活習慣を見直してリスクファクターを減らし、全身の健康状態をととのえていくことが大切です。

【喫煙】
喫煙は歯周病を悪化させる大きなリスクファクターです。喫煙は血管を収縮させて歯肉の血行不良をひきおこします。そのため、見かけの歯肉の炎症は少ないのですが、歯周病細菌に対する抵抗力が低下し歯周病を重症化させます
 
【ストレス】
精神的ストレスによって体の抵抗力が弱くなったり、生活習慣(ブラッシング、喫煙、食生活など)が変化したりすることで歯周病が悪化しやすい状態になります。
 
【食習慣】
甘いもの、やわらかいものを多く食べる習慣は、歯周病の原因であるプラークを増殖させ、つきやすくします。また、不規則な食事、栄養の偏りは全身の健康に悪影響を与えます。
 
(3)全身の健康への影響

最近の研究で、歯周病およびその原因である歯周病細菌が、心臓病や肺炎など、全身の疾患と関係があることがわかってきました。歯周病予防や早期の治療は全身の健康のためにも大切です。

【早産や低体重児出産】
歯周病にかかっている人では「早産」や「低体重児出産」の危険性が高いことがわかってきています。
 
【心循環器疾患】
歯周病にかかっている人では「冠状動脈疾患」などの心臓血管疾患になる危険性が高いことがわかってきています。
 
【脳血管疾患】
歯周病にかかっている人では「脳卒中」などの脳血管疾患になる危険性が高いことがわかってきています。
 
【糖尿病】
最近の研究では、徹底した歯周治療で血糖値が改善されることがわかってきました。
 
【呼吸器疾患】
嚥下障害(ものを飲み込む時の障害)があると、口の中の細菌が誤って気管に入り、肺炎が引き起こされることがあります。このようにして起きる肺炎を誤嚥性肺炎(嚥下性肺炎)と呼びます。特に、高齢者では物を飲み込む際の反射(嚥下反射)が鈍くなっているため、誤嚥性肺炎の危険性が高いことがわかっています。

 

 歯周病治療とは?


 

1.歯周ポケットの計測、その他の歯周病検査

歯周ポケット呼ばれる歯と歯茎の溝の深さを測ります。歯周病の進行の目安となります。この検査でどれだけの骨がなくなっていいるのか、歯肉の炎症の度合いなどがわかります。

健康であれば深さは2~3mmほどですが、初期歯周病では3~5mmか2~3mmでも出血がある場合、中度歯周病では4~7mm、重度歯周病になると7mm以上の深さになります。この歯周ポケットの深さを見る検査は重要な歯周病検査の一つです。

また、どこが出血しているのか、プラークはどれくらい付着しているのか、歯がぐらついていないかの動揺の度合なども検査します。他にも、口腔内写真撮影、レントゲン撮影なども行います。


2.スケーリング、ルートプレーニング

まずは歯肉の上の歯石などを除去していきます。

関連画像「スケーリング」の画像検索結果関連画像「スケーリング」の画像検索結果

 

スケーリング(歯石除去)


その後、歯肉の下の歯石とりも行います。

関連画像関連画像関連画像

 3.歯周外科処置

器具の届かない歯肉のさらに奥深くについている歯石は、歯周外科処置を行い歯石除去します。
「歯周外科処置」の画像検索結果