logo.png

109--2014.jpg

お気軽にお問い合わせください。
TEL:048-774-7117
FAX:048-774-7117
 

審美歯科

 審美歯科とは?

審美歯科治療とは

審美歯科とは、お口回りの見た目を美しく整える治療のことで、詰め物や被せ物の色合いを白いものにして、目立たなくする施術があります。虫歯や歯周病などの治療を目的とした歯科治療ではなく、虫歯などで治療した歯を美しく白くするなど、健康的で美しい歯をご提供する治療です。

通常の治療では、保険が適用される銀合金の詰めものや被せものをしますが、治療箇所が目立って気になることが多いものです。また、金属製の詰め物は年数が経つうちに歯茎が黒ずんできたり、金属アレルギーを起こすリスクがあるなど、身体への影響も考えられます。
詰めものが気になる方や、歯磨きで取れない表面の黄ばみが気になる方など、ご自身の歯にあまり自信が持てないという方は、是非一度ご相談下さい。

                    

 

 

 

白い詰め物の種類セラミックインレー

1)セラミックインレー(セラミック100%)(¥40,000)

「e-max インレー」の画像検索結果

ポーセレンインレーとも呼ばれ、100%セラミック(陶器)により歯の形に作り上げた詰め物です。

陶器のため、年数がたっても水分などを吸収せず変色にも強いため、きれいな状態を持続することができます。

2)ハイブリッドセラミックインレー(¥30,000)

インレー

セラミック素材と合成樹脂(レジン)の混合物です。

セラミックの「審美性」と合成樹脂(レジン)の「柔軟性」を兼ね備えた素材になります。

柔軟性はありますが、固さが他の素材と比べて劣りますので、咬み合わせが強い方、歯ぎしりをする方にはお勧めできません。

セラミック+レジン → ハイブリッドセラミックス イメージ図

 

保険でできるコンポジットレジンでも、白い歯にする修復は可能ですが、色調が自由で審美性にすぐれている反面、色が時間と共に変色したり、磨耗が激しかったりするという欠点があります。長期的にみると奥歯には使用しづらかったのが現状です。

ハイブリッドセラミックスとセラミックスの違いについて

・ハイブリッドとセラミックスの違い

両方とも色調は白い天然の歯の色となりますが、長期的な色の変化はハイブリッドの方がセラミックと比較すると少し変色してきます。硬さもハイブリッドの方がセラミックと比較すると柔らかいです。価格は、ハイブリッドのほうが少し安いです。

・ハイブリッドの利点

  • 自分の歯に合わせやすい色なので、自然で目立ちません。
  • 歯と同じ硬さなので、自然な噛みごごちですが割れにくいです。
  • 金属アレルギーの心配がありません。
  • 通常のセラミックよりも安価です。

・ハイブリッドの欠点

  セラミック100%ではないため、セラミックインレーに比較すると耐久性が少し劣ります。

 

3)ジルコニアインレー(¥40,000)

「ジルコニアインレー」の画像検索結果

歯科で使用されるジルコニア(ZrO2)はダイアモンド類似石として用いられるジルコン人造ダイアモンドと同じ元素で強さと美しさを持つ素材です。欧米では白い金属とも言われ、医療を初め、家庭用セラミック工業用素材など、さまざまな分野に幅広く使われています。

金属のような強さを持ち、腐食することがなく生体親和性の高い歯冠修復材料として、歯科医療でも日本国内においては2005年に認可がおり、ジルコニアでオールセラミッククラウンの内部を作ることができるようになりました。金属を使わないノンメタル治療として広く普及し始めてきています。

 

・ジルコニアインレーの利点


・全てジルコニアでできた素材で強度があります。

・ジルコニアインレーの欠点

強度が高いため壊れることがない反面、透明感が足りないため高度な審美性を要求されない奥歯に向いています。
*大臼歯(奥歯)におすすめします。

 

 

 

 

 

 白い被せ物の種類(クラウン)

 

ハイブリッドセラミックスクラウン

長所

・自然の歯の色に近い
・金属アレルギーの心配なし
・他の素材と比べて安価

 

短所

・時間の経過と共に変色することがある

 

価格(1本)    

¥55,000

     

 

■ハイブリッドセラミックスクラウンとは?

セラミック素材と合成樹脂(レジン)の混合物です。

セラミックの「審美性」と合成樹脂(レジン)の「柔軟性」を兼ね備えた素材になります。

柔軟性はありますが、固さが他の素材と比べて劣りますので、咬み合わせが強い方、歯ぎしりをする方にはお勧めできません。

セラミック+レジン → ハイブリッドセラミックス イメージ図

 

メタルボンドセラミックラウン

長所

・耐久性があり、自然の歯に近い。
・変色しない。

 

短所

・アレルギーが出ることがある。
・歯の裏側に金属が見える。
・歯肉との境目が黒ろくなる場合がある。(個人差があります)

 

価格(1本)    

¥85,000

     

 

■メタルセラミッククラウンとは?

歯の内側に「金属」を使った、強度(耐久性)を

重視したセラミックです。

内側に金属を使用しているため色調や透明感は

多少劣りますが、非常に丈夫で長持ちし、

奥歯などの強度が求められ部分には

メタルボンドが用いられます。

外側:セラミック 内側:金属

 

オルセラ

長所

・自然の歯に近く、変色しない。
・金属アレルギーの心配なし。
・歯肉との境目がわかりづらい。

 

短所

・稀に割れてしまう事がある。

 

価格(1本)    

¥85,000(税別)

     

 

■オールセラミッククラウンとは?

天然歯のような色合い、そして強度を持ちます。

金属を一切使用していないので、体には非常に

優しい素材です。次のような症状の方にお勧めです。

 

・歯並びが悪い

・天然歯に近い色をした詰め物・かぶせものを入れたい

・歯が変色してしまった

・金属アレルギーで悩んでいる

内側:アルミナ

 

 

 

 

e-maxクラウン

長所

・自然の歯に近く、変色しない。
・金属アレルギーの心配なし。
・耐久性がある。

 

短所

・稀に割れてしまう事がある。

 

価格(1本)    

¥85,000

     

 

■e-maxとは?

e.maxは、世界最先端のセラミック材料です。
高い生体親和性(体への優しさ)、審美性を提供します。
また、e.maxの主成分である二ケイ酸リチウムは、柔らかすぎず、硬すぎないといった特徴があり、強い力が加わった時に、自分の歯を痛めません。
これに よって歯の寿命を延ばすことができますし、接着力の強いレジン系セメントで合着するので2次カリエス(むし歯による再治療)になりにくいのも特徴です。

e-max

 

 

 

ジルコニアセラミッククラウン

長所

・セラミック素材の中で耐久性が非常に高い
・金属アレルギーの心配なし。

 

短所

・色調が他のものに比べて劣る

 

価格(1本)    

¥85,000

     

 

■ジルコニアセラミッククラウンとは?

ジルコニアは、「人工ダイヤモンド」とも呼ばれ、

セラミックのなかでも一番優れた耐久性を

誇ります。ジルコニアには身体に優しい素材

用いられており、保険適用の銀歯のように

金属イオンが体内に流出する危険性がありません。

従来のセラミックのデメリットを克服した素材として、

審美歯科治療において最も注目を集めています。

 

 

 

内側:ジルコニア