logo.png

109--2014.jpg

お気軽にお問い合わせください。
TEL:048-774-7117
FAX:048-774-7117

むし歯「虫歯」の画像検索結果

虫歯は進行度によりC0~C4に分類されます。

この進行度により治療も変わっていきます

 

C0との治療

C0は経過観察をしていきます。治療はしないで歯ブラシやフッ素などで、予防をメインに行っていきます。

C1やC2の治療

C1やC2になると、虫歯の治療が必要になります。

治療は主に2書類あります。

(1)(プラスチックの材料を)詰める処置

虫歯虫歯(削り終わり)虫歯(完了)

虫歯に部分を削っていきます。

削って穴が開いたところに、歯と同じ色のプラスチックの材料を詰めていきます。

<適応>

前歯など審美的な部分

比較的小さい虫歯


(2)金属の詰め物をする処置

保険適用(メタルインレー)

<適応>

比較的大きい虫歯  

奥歯など力がかかる歯

奥歯の歯と歯の間に虫歯がある場合


 

C3の治療

 

C3は虫歯が進行してしまい、歯の神経にまで行ってしまったものです。

 

冷たい物や温かい物もしみたり、何もしなくてもズキズキとした強い痛みが出てきます。

 こうなると、歯の神経を抜き根の治療(根管治療)を開始しなければなりません。

歯の神経の治療は、治療期間や治療回数がかかります。

 

 

 

 

C4の治療

 

「C4 虫歯」の画像検索結果

 

歯の神経は死滅し、膿により炎症が起こると痛くなります。根が残せそうなら根の治療(根幹治療)を行います。虫歯の侵襲や炎症がひどく根が残せない場合は、抜歯となります。