logo.png

109--2014.jpg

お気軽にお問い合わせください。
TEL:048-774-7117
FAX:048-774-7117

 矯正歯科

 

メリット・デメリット

歯並びをなおすとこんないいことがあります

矯正治療をすると、歯並びがきれいに整うばかりでなく、 頬やあごのラインがすっきりと美しくなります。外見が良くなることで自分に自信がつき、性格が明るくなったり積極的に行動できるようになります。

また歯並びが整うことで、歯を磨きやすくなりむし歯や歯周病になりにくくなります。また物をよく噛めるようにもなります。

歯科医院側ではもちろん患者さんの歯並び、噛み合わせが良くなることを治療のゴールとしていますが、 歯並びを治すことで患者さんの笑顔を作りだすことが、治療する医院側にとってのもう一つのゴールです。

 

 

 

 

不正咬合による悪影響

悪い歯並びだと、どうなるの?

歯のために、心理的不安があるとすれば、マイナスになることはあっても、プラスになることはありません。心理面と機能面両方から、歯並びの悪い人がストレスや不安を感じています。

  • 虫歯や歯ぐきの病気になりやすい
    歯が重なりあっていたり、かみ合わない歯があると、食べ物のカスがたまりやすく歯みがきがしにくいため、むし歯や歯周病にかかりやすくなります。また、悪い歯並びは、歯科治療を難しくします。
  • 物をかみにくい
    歯並びが悪いと、どうしても食べ物がかみにくく、消化不良の原因となり、からだの健康や発育にまで悪い影響を与えてしまうことがあります。
  • 正しく、はっきりとした発音がしづらい
    ひどい出っ歯、上下の歯が咬み合わない、受け口…などの場合、電話での会話や外国語を話す時に正しい発音ができず、相手に通じないことがあります。
  • 心理的な影響をあたえる
    悪い歯並びを気にして人前で話したくない、また容姿を気にして友達づきあいも消極的になってしまう傾向があります。
  • あごの成長を妨げる
    お子様の場合、悪い歯並びをそのままにしておくと、あごの成長にも影響し、上下の顎のバランスが悪くなったり、顔が左右対称でなくなったりします。
  • 肩こり・頭痛の原因にも・・・
    顎の関節や筋肉にも悪い影響を与えるため、顎が痛い・音がする・口が開けにくいといった顎関節症の一因になることがあります。

噛み合わせとスポーツの関係


 スポーツ選手をはじめ、スポーツをする人達にとっても「歯」はとても大切です。
歯は、身体づくりにも、パフォーマンスにも、そして全身のバランスにも大きく影響していると言えます。
また、かみ合わせと身体のバランスに大きな関係があることも分かっています。
私たちの生活の中でも、肩こりや頭痛をよく起こす原因は、かみ合わせの悪さからきているということも考えられます。
また、スポーツの中には、ラグビーやアメリカンフットボールなど、マウスガードを義務づけているものがあるます。
マウスガードを装着する事で、障害の発生しやすい前歯部分を保護し、脳震盪を予防します。
興味深いことに、運動能力に影響を与え、各種スポーツの競技力を向上すると言われており、スポーツパフォーマンスと大きく関係していることもわかっています。
健康な歯を保ち、食べ物を細かく噛み砕く(咀嚼する)ことによって、消化吸収を助け身体に必要な栄養が体内に取り込まれ、よいコンディションを保つことができます。

歯並びが悪くなる原因

食べ方

子供の頃に、よく噛まなくても食べられる軟らかい食事やよく噛まずに飲み物と一緒に飲み込むような食べ方ばかりをしていると、あごの骨の成長期にあごが十分に発達せずに小さくなってしまいます。
結果、小さなあごに大きな歯が生えるので、歯が並ぶだけの十分なスペースがなく前後にデコボコとした歯並びになってしまいます。
しっかり噛む習慣をつけましょう。

虫歯

初めての永久歯は一番奥から生えてくるので、乳歯には後から生える永久歯の場所を確保する役割があります。
乳歯の虫歯を放置して形が変わる、抜歯した場所をそのままにして隙間があると、永久歯が正しい位置に生えずに歯並びや噛み合わせが悪くなる事があります。
また、成人になってからの抜歯も放置しておくと、親知らずに押される、左右の歯が隙間に移動する・空いた所にたおれるなどで、噛み合わせや歯並びが悪くなることもありますので、早期治療をしてください。

病気アレルギー

扁桃腺肥大や鼻炎などの症状で口呼吸を続けると、歯を唇で押さえる力が弱くなり舌の位置が異なったり、口の筋肉バランスが崩れて出っ歯や受け口の要因となる事があります。

遺伝

矯正歯科を必要とする患者さんは上記のような生活の積み重ねが原因の方もいれば、遺伝的な影響を受けている事もあります。
顔や体型が両親に似るのと同様にあごの形や歯の大きさ・本数も遺伝によってある程度決まってしまいます。
ご両親様が矯正治療で歯が綺麗になっている場合は、あくまで治療で綺麗になっているので、お子様に治療前の状態が遺伝する事があります。

不正咬合の原因は色々考えられますが現代人において一般的に見られる問題として、『歯の大きさの総和と歯を収容する顎の大きさの不調和(ディスクレパンシー)』があります。
このディスクレパンシーは人類の進化の過程で火を使用し、食物を軟らかくして食べるようになって起きてきたと考えられています.

 

 

 

 

   当医院の矯正装置


ブラケット矯正

 ひとつひとつの歯にブラケットと呼ばれる小さな装置を付けます。次に、それぞれのブラケットをワイヤーで結びます。ワイヤーがブラケットを引っ張ることにより力が発生し、歯が少しずつ移動します。透明感のある素材でできたブラケットです。歯の色とも調和しやすいため、装置自体が目立つことがありません。

 

 

 

 

矯正歯科

透明なブラケット

 

 

  

 

 

 

  マウスピース矯正

 

歯型を採って作る透明なマウスピースタイプの装置です。歯の移動に合わせて段階的にマウスピースを交換し、正しい歯並びに導きます。透明なので目立ちにくいことに加え、取り外しができるためブラッシングもしやすく、口腔内を清潔に保ちやすいというメリットもあります。

 

※症例によっては適用外になります。